第1講 はじめてのC言語体験
第5話 注釈文
コード再掲
021
#include<stdio.h> //C言語プログラミングをはじめるためのお呪い。
int main() {
  printf("はじめてのC言語プログラミング体験\n");
  return(0); //mainを閉じるためのお呪い。
}

本サイトの特徴の一つは、1行1行解説していくことにありますので、
一応第6話以降でプログラムコード(プログラムの文章)の意味を説明していきますが、
初心者の方は、緑色で書いてあるとおりに、
1行目と4行目
#include<stdio.h> //C言語プログラミングをはじめるためのお呪い。
  return(0); //mainを閉じるためのお呪い。
については、意味を考えずにはじめたり終わりにしたりするときのお呪い、
決まり事である受け取った方が良いと思います。
また、int main()のintも気になるでしょうが、
これも決まり事であると思っていただいた方が良いでしょう。
プログラムに限らず学問一般を学んでいく上で、
一気にすべてを理解しようとする姿勢は、プラスにはなりません。
世界的文豪のスタンダールは、村始まって以来の数学の天才でした。
ですが、(−)×(−)が(+)になることが納得できなくて、
数学の学習に躓いてしまったそうです。
完璧に何でもわかろうとする態度は、プログラムの学習においては禁物です。
コンピュータが自分が意図したとおりに動けばいいや、
ぐらいの姿勢がちょうど良いといえましょう。
すべて、学習が進んでいけば、理解できるようになるからです。
ですから、初心者の方は第6話から第8話までは読み飛ばすか、
簡単に目を通してなんとなくそんなものか、と思ってくださればと思います。

ここでは緑の文
002
030
について説明しておきます。
//の付いている文または/*と*/で挟んである文を注釈文と言います。
これは何のためにあるのでしょうか。
試しに削って、
#include<stdio.h>
int main() {
  printf("はじめてのC言語プログラミング体験\n");
  return(0);
}
として、Ctrl+F5をしてください。
004
結果は変わりません。
実は、コンピュータは注釈文を読み飛ばすのです。
では何のために付けているのでしょうか。
そうです。
人間のために付けています。
プログラムを読む人のために解説しているのです。
つまり、他人のために解説しているのだと思うでしょうが、
自分のためにも絶対に必要な解説文です。
今は簡単なプログラムですから、
わからなくなることはありませんが、
だんだんに複雑なコードを組んでいくと、
何のプログラムなのか、わからなくなってきます。
もちろん粘り強く1行1行コードを読んでいけば、
理解は出来ますが、いちいち内容を読んでいたのでは、
プログラムを組む効率が悪くなります。
そこで、他人のためにはもちろんのことですが、
自分のために詳しく解説しておくことが絶対の要件となります。
注釈文を入れる習慣を身につけてください。
文が1行の場合には//をつけて、
複数にわたる場合には、
/*
注釈文とは、人間のための解説文です。
コンピュータはこれを読み飛ばすために、
付けても付けなくてもプログラムには何の影響も与えません。
*/
/*と*/で挟むと良いでしょう。



第4話へ 第6話へ
 
002

初心者のための excel 2016 マクロ VBA 入門講義 基礎から応用まで
vc++ c言語 c++ 入門 初心者 基礎から応用まで
eclipse c++ 入門
魔方陣 数独で学ぶ VBA 入門

数独のシンプルな解き方・簡単な解法の研究
VB講義へ
VB講義基礎へ
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual C++入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual Basic入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVBA入門講義(基礎から応用まで)
初心者のための VC++による C言語 C++ 入門 基礎から応用まで第1部
eclipse java 入門
java 入門 サイト 基礎から応用まで
本サイトトップへ