第1講 はじめてのC#体験
第1話 C#って何?+講義方針
C#をひと言で言うと、Visual Basicの生産性、C言語・C++の柔軟性と高速性、
Javaの広範な環境への対応のいいとこ取りのプログラム言語です。
逆に言うとVisual Basic・C++・Javaの欠点を改善して、
マイクロソフトが作り上げた最善の言語です。
マイクロソフト開発言語ですから、
Windowsアプリの開発に向いているのはもちろんのこと、
Mac Os・スマートフォン・Web用のアプリケーションも容易に開発できるのです。

さらに、Unityというゲームエンジンを使えば、ゲーム開発も出来る優れものです。
ゲーム制作に最も使われてきた言語は、C言語・C++でしたが、
最近はC#が逆転する勢いを持っているようです。

さて、このように優れた言語ですが、
C++・Javaと同様に、オブジェクト指向言語であり、
初心者にとっては、このオブジェクト指向が最も大きな壁になります。
最初にこれを説明されて理解できずに躓いてしまった方も多いと思います。

C#は最新の言語であるといっても、プログラム言語の基本は変わりありません。
プログラムがプラモデルのようにパーツを組み立てて組まれること、
処理の中心になるのは繰り返し処理とif文であること、
データを収納するものとして変数や配列があること、
パーツを再帰的に使用できること、
これらはすべてに共通しています。
といっても私が学んだことのある言語は、
パスカル・フォートラン・VB・VBA・C言語・C++・Ruby・Javaのみですが、
数学によって繰り返し処理(for文)とif文さえあれば、
どのようなプログラムも組めることが証明されています。
つまり、最近話題のAIでさえ、基本はfor文とif文があれば組めるのです。

私は、Visual Studio Community 2017による〜入門を、
C言語、C++、Visual Basicの順に講義してきました。
C++もVBもC言語講義を下敷きにして、講義を展開しました。
これは、手抜きという面だけでなく、
言語が変わっても、言語の重要な仕組みは基本的には変わらないことを協調するするためです。
C言語とC++とVBの共通な点と異なる点を明確にするのに、
下敷きにして講義するというやり方は、良かったと思っています。
ですから、C#入門講義においても第1部においては同様な方針をとります。
そして、初心者の方にとって敷居の高いオブジェクト指向は第2部で説明します。
C言語入門講義を下敷きにするために、
講の構成も基本は同じになります。
異なる点もあるために完全に同じにすることは出来ないことはいうまでもありませんが。
また、コンソールアプリケーションの開発のみを取り上げます。
C言語入門講義においては、第1部においてコンソールアプリケーションの開発を取り上げ、
第1部以降の部でWindowsフォームアプリケションやゲームアプリケーションと取り上げる予定でしたが、
Windowsフォームアプリケションに関してはVisual 〜 2017入門というタイトル名で、
ゲープ開発については、Visual Studio Community 2017による〜ゲームプログラミング入門というタイトル名で、
講義を独立させることに方針を変更しました。
ですから、C#においてもWindowsフォームアプリケションやゲームアプリケーションも独立した別の講義になります。

さて、第1部の最終目標を書いておきましょう。
001
002
003
魔方陣自動生成アプリを組むことが目標になります。
アプリはVisual Studio Community 2017をインストールしないと実行できませんので、
第3話の1番下に掲載します。
もし、ウィルスソフトによってはねられたしまった方は、
第4話のやはり一番下で実行させますのでお待ち下さい。




第2話へ
 
002

初心者のための excel 2016 マクロ VBA 入門講義 基礎から応用まで
vc++ c言語 c++ 入門 初心者 基礎から応用まで
eclipse c++ 入門
魔方陣 数独で学ぶ VBA 入門

数独のシンプルな解き方・簡単な解法の研究
VB講義へ
VB講義基礎へ
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual C++入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual Basic入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVBA入門講義(基礎から応用まで)
初心者のための VC++による C言語 C++ 入門 基礎から応用まで第1部
eclipse java 入門
java 入門 サイト 基礎から応用まで
本サイトトップへ