第3講 For文の学習

第3話 Form1を改良し、値をTextBoxから取得する

前話解答例
Public Class Form1

   Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
     '変数の宣言
     Dim w As Integer, i As Integer

     '初期化
     w = 0

     'ループ処理
     For i =
2 To 100 Step 2
       w = w + i
     Next

     '結果の表示
     Label1.Text = w
   End Sub
End Class

色のついている部分を変更すれば、
いろいろな計算をさせることができます。
しかし、ちょっとした工夫でより汎用性や普遍性を高めることができます。
Form1を改良して、はじめの値、終わりの値、変化の幅をTextBox上から取得できるように変更しましょう。
入門
コードを考えてください。
解答例は、いつもの通り20行下。























プログラム例
Public Class Form1

   Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
     '変数の宣言
     Dim w As Integer, i As Integer, a As Integer, b As Integer, h As Integer

     'TextBoxから値の取得
     a = TextBox1.Text
     b = TextBox2.Text
     h = TextBox3.Text

     '和の計算
     w = 0 '初期化
     For i = a To b Step h
       w = w + i
     Next

     '結果の表示
     TextBox4.Text = w

   End Sub
End Class

実行結果例
初心者
これは1+3+5+・・・+99を計算させています。
何故、最後が99かと申しますと、
最後のループ(繰り返し)のとき、Nextによりiは101となり、
ループを抜けてしまうからです。
For i = 2 To 100 Step 2ですから100を超えることがループを続ける条件です。
条件に反したら、ループは実行されません。
ですから1+3+5+・・・+99です。

では皆さん、このソフトで次の計算をさせる場合のはじめの値、終わりの値、変化の幅を考えてください。
@ 5+8+11+・・・+104
A 101+97+93+・・・+57

問題加え、課題も出しておきたいと思います。
さらに、Form1を改良し、
vc++
3+5+7+・・・+99
の計算に加えて、
c++
For
等も計算できるようしたいと思います。
コードのどのように変更したらよいか考えてください。




第2話へ 第4話へ

006


vc++講義第1部へ
vb講義へ
VB講義基礎へ
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual C++入門基礎講座

数学研究室に戻る